新成人へのメッセージ

 新成人の皆さん、おめでとうございます。また、今日まで深い愛情をもってお子さんを立派に育て上げられた保護者の皆様、御家族の皆様にも重ねてお喜びを申し上げます。
 さて、平成27年度 函館市立潮見中学校(現:青柳中学校)を卒業した成人の皆さん、改めまして、おめでとうございます。このメッセージの依頼のおかげで、5年前(皆さんが潮見中を卒業した年)を振り返る良い機会となりました。
 皆さんを思い出し、学級通信を読み返していると…「(平成27年11月13日(金)発行、学級通信より)休み時間なく問題演習に励んでいる人が徐々に増えてきました。と同じくらい読書する人も増えています。どちらにしても充実した時間の使い方をしているなと感じます。一方で、暇あれば教室・廊下でワイワイしている人たち。毎時間「静かに座りなさい」とは言いませんが、ワーワーはしゃいでいる時期ではないと思います。バカやって騒げるのもあと数か月…。そう言えば、成人式ではしゃいで捕まった成人前の人も「バカやれるのはあと数か月だったので…」とコメントをしていたのを思い出しました。「○○できるのもあと少し」という変な理屈はまかり通りません。「もう○○している頃ではない」となっていくのが健全な成長であると思います。現実から目を背けることなく、決して投げやりにならず、ひた向きに自分と向き合って生活してほしいと思います。頑張りましょう!」
 当時のニュースを載せた記事ですが、皆さんはどのような成人になっていますか。誰も想像しなかった感染症が起こり、皆さんの晴れの日も開催中止となってしまいましたが、皆さんには5年前と同じく、現実から目を背けず、投げやりにならず、ひた向きに自分と向き合って生活してほしいと思います。
 たまに、街中で会う人もいます。たった5年ですが、その成長には本当に驚かされます。社会人として立派に働いている人は、自分の今の頑張りについて、目を輝かせながら説明してくれます。担任としては、これほどの喜びはありません。
 成人は、人生の節目であり、自分の20年間を振り返るとともに、新たな目標を設定し、一歩踏み出すスタートです。これからも、陰ながら、皆さんの頑張りを応援しています。

潮見中(現教育指導課)中山央