凌雲中学校の卒業生の皆さん、成人おめでとうございます。
 あの日からもう5年がたったのですね。あなたたちと過ごした3年間を、今、卒業アルバムを見ながらなつかしく思い出しています。
 えんじ色の制服、青ジャージ、授業や休み時間、放課後の居残り、部活、修学旅行、体育祭、中体連、凌雲祭~合唱コンクールや全員で踊ったヨサコイソーラン~、まだ幼い顔のあなたたちの笑顔があふれています。たくさん笑い、泣き、そしてチョッピリ怒られましたね。
 私は相変わらず、「まず符号!」「計算は省略しない!!」を口癖に、老体にムチ打って中学生と格闘していますよ(笑)。
 覚えていますか?凌雲中の合言葉ATM!! 社会に出れば出るほどこの3つが“人”として、とても大切であることが身に染みてわかるのではないでしょうか。どこにいても何をしてもATMを心がけてください。
 このコロナ禍の中で成人式が中止になり、楽しみにしていた同窓会も延期となりましたが、素敵に成長したあなたたちに会える日を楽しみに待っています。その日まで一人一人が一生懸命生きてください。
 最後に、成人を迎えたあなたたちに改めてこの言葉を送ります。
 『 明日死ぬと思って生きなさい。 』
 『 永遠に生きると思って学びなさい。 』
 凌雲中学校で学んだことが、あなたたちの成長の糧になっていると信じています。成人おめでとう。

凌雲中(現恵山中)日角朱実