「自分以外の誰かのために」

函館ラ・サール中学校卒業の皆様、ご成人おめでとう。

今日から全員が大人になるか。そんなことはない。今まで生きてきたように、これからもまた小さなことの積み重ねの中で生きていく。そのうち、周囲を頼っていた自分が、頼られるようになっていく。そんな風に大人になっていく。

これからの道のり、決して簡単ではない。坂道も、向かい風もある。でも、その先にだけ大きなものが待っている。自分以外の誰かのために体を張って、「今日も精一杯生きた」と胸を張って生きていく。それが、その生き方こそが、かっこいい大人の姿だと思う。

辛いとき、悲しいときに下を向くときもある。でも、悪いことばっかりじゃない。ひと休み、仲間と酒場でグラスを交わせる。そのささやかな瞬間が、ふとその先の人生を照らしてくれる。その連続を生きていく。素敵だ。

かっこいい、君たちに乾杯。

函館ラ・サール中(現函館ラ・サール中) 宇佐見 純平