五稜郭中学校 第2回卒業生(3年A組)のみなさんへ

五稜郭中学校3年A組卒業生のみなさん、成人おめでとうございます。

卒業と同時に地元函館を離れる生徒も多く、少し寂しい気持ちで中学校から送り出したことを覚えています。

文化祭での悔しい結果を受け入れられない君たちを見て、かける言葉が見つからないほど胸が苦しかったこと。それでも卒業式が終わった後に教室で歌った「言葉にすれば」。3Aのことを思い出すと、歌のメロディーとともに必ずこのシーンが浮かび上がります。

新設校の基礎を築いてくれたみなさんですが、変化の激しい社会で、時間とともに学校の当たり前も変化していきます。そんな中、みんなが同じ方向を向いて必死で何かをつくりあげることの素晴らしさは変わることがありません。その時間を共有できたことを幸せに感じているし、誇りに思います。

大人になったみなさんと、またどこかで会えることを楽しみにしています。

五稜郭中(現・五稜郭中) 籠嶋 勉